タグ:GS

 先週のS&P 500は一度下値を試した後に一段高となっている。週明けはまず中国のゼロコロナ政策に対するデモのヘッドラインでリスクオフモードで始まったが、そのデモも週末になるといつの間にかなし崩し的な中国リオープン期待に転換している。前週の安値近辺まで調整したと ...

 先週のS&P 500はじり上げとなった。週明けは先週の記事で「金曜は米金利の再上昇を指数が無視した形となり、週明けはリプライス先行になりそうな気はするものの、それでも大して下がらないとなったらリアライズドvol低下で安心感が出て来る」としていたが、完璧にそれをな ...

  先週のS&P 500は棒上げになった。先週の記事はやや歯切れが悪いものとなっており、3700 -3910レンジを挙げていたが、週前半は3850まで上昇した後に中間選挙を受けて一旦3750まで反落し、そこからCPIを受けて更に上に飛び、そのままレンジを上に抜けた。3700 -3910レンジ ...

 先週のS&P 500は本ブログの見立て通り低調であった。「上値についてはやや劣後しているナスダックの方が分かりやすく、11200がレジスタンスとなる。先週の余韻を借りてここを攻略できれば綺麗な日足リバース・ヘッドアンドショルダーとなり、10750をサポートにかなり上値余 ...

 S&P 500は上げて下げての行ってこいとなった。シーズナリティが弱い9月の通過、3580プットのエクスパイア、そしてBOEから来るFed Pivot期待で一気に3800まで上昇したがそこでは息切れしている。先週の記事では3585引けに対して3735 -3585レンジとしっかり上に寄せたレンジ ...

 先週のS&P 500は一転して反落した。これまでのラリーを火曜に発表された米国CPIに台無しにされてしまった。先週の記事では「マクロイベントはCPI、FOMCが続くが「2つの75」のクリアで前倒しで通過したと見なしてよいだろう」としていたが致命的なまでに誤りであった。前回 ...

 先週のS&P 500は本ブログの慎重な感想に反して一直線に反発した。週明けは前週末の流れを引き継ぐ形で続落して3900を割り込んだが、水曜からは一直線の反発に転じた。結果的に本ブログが8/1時点で「8月全体にわたって3910 -4300のレンジをイメージすることになる」としてい ...

  先週のS&P 500は買い支えもなく続落となった。上げる時は週足陽線続きだったが、同じように下げる時も週足陰線続きだった。下げる時のパターンは5月以降の下落トレンドでよく見られたパターンに沿っていた。すなわち4200からのクラッシュを1日目と数えて先週の記事で詳細 ...

  S&P 500は週足大陰線となった。週明けは先週末から少し前兆が見えたアンチ・ゴルディロックスの流れを引き継ぐ形で続落となったが、それまでは上げすぎと全員が思っていたので多少の反落は予定調和的であり悲壮感はなかった。4100近辺まで調整したところで売りは続かず、 ...

 先週のS&P 500は高値を試した後にオプション・エクスパイアを通過して反落した。前回の記事では「米長期金利は2.5%のロンガーラン金利割れからは依然遠い。そうするとリセッション懸念の剥落に伴いエクイティ・リスクプレミアムは著しく圧縮されたという解釈となり、バリュ ...

↑このページのトップヘ