タグ:MS

 S&P 500は週足で2本目の上ヒゲ陰線となった。週明けこそビル・アックマンの債券ショートカバーのツイートで金利が低下したことを受けて株式も買われ、翌日も重要な決算を前に堅調だったのだが、S&P 500は4260、ナスダックでは13200あたりで頭打ちになった。先週の記事では ...

 S&P 500は昨年9月を彷彿させる豪快な下落に見舞われた。大幅下落した後にぶん投げたり相場の危険性を警告したり、レバレッジをかけすぎた投資家を擦ることは誰でもできるので、投資家たるものは遅くとも前の週の時点でこの下落を予想できていないといけない。先週の記事で ...

 S&P 500は続落となった。先週の記事では「4600を超えたらまた付いていくつもりで4500台ではリスクを落とした方が安全に見える。少なくともドローダウンに耐えられないレバレッジは落としておいた方がよさそうである」としてたが、果たして2度見られた4500台はそれぞれ売り ...

   先週はイベントフルの週となった割りには、ただのやや上ヒゲを残したじり高となった。先週の記事では「基本的には水準よりも、ダウンサイドの方が大きそうに見えてきた決算や中銀イベントのタイミングを回避する方が大事になりそうである。もっとも月末まで通過したら ...

 S&P 500は一度下押しした後に棒上げとなった。先週の記事では「4340では金曜に一度付けて跳ね返ったもののまだ明確に離れていない。木曜の偽底打ちや金曜高値が集まる4365 -4390近辺は日足で重そうに見える一方、従前通り4300 -4320は買戻しが優勢になりそうに見える。6月 ...

 先週のS&P 500はその前の数週間と同じリズムになった。週前半に売られ後半に買い直されたのである。先週の記事では「週足は2本目の下ヒゲ陽線となり4165までサポートが上がってくる。このサポートが守られる限り上昇トレンドは続いており、上値はチャートからは引続きオー ...

 S&P 500はレンジが続いている。前回の記事では「4000近辺 -4175のレンジ感が強まるか」「売り場が分かりやすくなる代わりに売っても値幅が出づらくなるか」としていたが大体そんな感じである。14日のCPIについては「やや上振れしやすい流れになっており、少なくとも高値圏 ...

↑このページのトップヘ