長期金利の上昇がようやく効いてS&P 500は3週連続で下落となった。中でもナスダックの下げはきつく、2022年11月以来の下げとなった。要因としては地政学リスク、金利上昇、決算、決算期のブラックアウト、そしてポジショニングの悪さによる機械の逆回転が挙げられるだろう ...